• 新築一戸建てを葛飾区で購入する時の資金

    葛飾区で新築一戸建てを購入するなら、1000万円程度の資金を用意しておくのが理想です。


    葛飾区の土地の価格は、東京中心部に近づくほど高額になっていきます。


    東京都内では、それほど高額なほうではありませんが、八王子などと比べると高めになっています。
    葛飾区で新築一戸建てを購入する場合、住宅ローンを借りることになると思われますが、頭金が1割用意できていると、優遇金利が適用されることもあり、かなり審査通過率が上がるでしょう。

    葛飾区の新築一戸建てにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

    理想を言うなら、2割の頭金を用意しておくべきです。

    葛飾区は需要が高いエリアですので、新築一戸建てを購入しておけば、将来に不動産を売却することになっても、なかなか売れないということは起こりにくいと思われます。
    しかし、建物には経年劣化の問題があるので、建物の価値は大きく落ちてしまうことは予想しておきましょう。



    土地のほうは、価値が大きく下がるという可能性は低いかと思われますが、将来どうなるかはわかりませんので、頭金を多めに入れておき、積極的に繰り上げ返済をして、オーバーローンとなってしまうリスクを下げておくことが重要です。
    公務員や大企業の正社員など、属性の良い人なら、フルローンを組める可能性もあります。



    しかし、フルローンを組むと、オーバーローンとなってしまうリスクが上がってしまうので、数年後に転勤などの事情で家を売らなければならなくなった時、大きなデメリットを被ることになってしまう可能性もあります。