• 葛飾区に新築一戸建てを建てる際の注意点

    葛飾区に新築一戸建てを建てる際の注意点についてお話しします。



    家を建てるときに、葛飾区から依頼を受けて建物の耐震強度の調査を謳った悪質な業者が、耐震診断などを受けないかと勧誘してきます。
    当然、葛飾区では業者に委託して耐震診断等の勧誘を行っていません。戸別訪問すると、業者と一対一になるので、密閉した状況下では業者の優位性が持続します。
    矢継ぎ早に出てくる情報はよく練られたものなので、それだけを鵜呑みにするとだんだんその業者の言いように情報が自分の頭の中に支配されてしまいます。

    葛飾区のリノベーションに関する有益な情報が満載です。

    そうならないためには、事前に葛飾区のHPでその都度情報をチェックすることが大切になります。



    情報に支配されないためには前もって正しい情報を仕入れておくか、その情報の裏付けをとってから判断するという冷静な気持ちが必要になります。

    また、住宅の玄関や門などに取り付ける住居表示プレートが破損したり、汚損している場合、葛飾区役所に依頼すれば、住居表示プレートを再交付してくれます。新築一戸建てで新しい外観なのに、プレートが壊れていたら、近所に悪い噂が広まってしまいます。せっかくこれから仲良くなるべき近所の人たちには良い印象で迎えてほしいのは誰でも同じ思いです。

    自分の身なりは自分で整えるように家の身なりで出来ることは自分たちで情報を得て、きれいにした方が良いです。


    このように、区役所が行っているサービスがありますので、適宜情報を仕入れることが重要になります。

    以上が新築一戸建てを建てる際の注意点になります。